薄毛

育毛シャンプーは普通のシャンプーと何が違う?

シャンプーは、ほとんどの家庭で毎日に使われる日用品の一部です。
毎日使っているものだからこそ気を使う人もいれば、何を使っても一緒だと思っている人もいます。
しかし最近注目されている育毛シャンプーは、普通のシャンプーとは大きく違います。
特に家族の中で頭皮のトラブルを抱えている人が誰かしらいる場合は、育毛シャンプーがお薦めです。

育毛シャンプーは通常のシャンプーに比べて、金額的にも数倍以上します。
なので日用品で消耗品なので、そこまで高いものは使えないとおもって諦めている人もいると思います。
しかしシャンプーをかえるだけでも、普段抱えている頭皮のトラブルは改善されることが多いのです。
例えば頭皮のかゆみ、フケが多い、頭皮のにおいが気になる、頭皮のべたつきなどの悩みが解消されるされる人が多いです。
中には薄毛で悩んでいる人が、抜け毛が少なくなってきたという人が多いです。
実際使った人の口コミを見ると、もっと早く育毛シャンプーを使えばよかったという声が多いです。

それでは実際何がどう普通のシャンプーと違うのでしょうか?
一番の違いはやはり洗浄成分の違いです。
普通のシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール性のものが使われています。
これらに含まれる界面活性剤の中にラウリル硫酸、ラウレス硫酸などのじげきが強い成分が含まれています。
これらは、とても強い洗浄力を持っています。

シャンプーをしたときに泡立ちもよく、匂いもいいので髪にいいのではと思ってしまいます。
高級アルコール性シャンプーは、一般的に販売されているシャンプーに使われていて、安価に作ることができます。
毎日使う日用品だから安価で抑えて販売したいというメーカー側にとっては一番使いやすい成分です。
実際購入する側も、なるべく安くていいものをと考えると、一般的な高級アルコールシャンプーを選ぶ家庭が多いです。

しかし頭皮に悩みを抱えている人は、頭皮が普通の人よりデリケートで弱った状態にあります。
そんな頭皮に対して、強い洗浄力で洗ってしまうと、より頭皮に刺激を与えてしまい逆効果になってしまいます。
また頭皮のトラブルの中でも、頭皮のべたつきに悩んでいる人は、一般的なシャンプーはお勧めできません。

なぜなら一般的なシャンプーは、洗浄力が強いため頭皮の油分をほとんど取り除いてしまい、本来なら必要である油分までとりきってしまいます。
すると頭皮の乾燥を防ぐために、いままで以上の頭皮の油分を分泌させようと働きかけてしまいます。
よってより頭皮がべたついてしまうという、悪循環が生まれます。

育毛シャンプーほとんどは、アミノ酸系成分が使用されています。
アミノ酸系は刺激が最も少ないとされている洗浄成分ですので、頭皮に必要な不分を残しつつ、不必要な頭皮の油分だけを洗浄してくれます。
よって過剰な油分の分泌を抑えて、正常な頭皮へと変えてくれます。

頭皮のトラブルを抱えている人は、成分をもう一度見直してシャンプーを選ぶことをお勧めします。
アミノ酸系の育毛シャンプーランキングはこちらをご覧ください。

Menu